銀行のカードローン・キャッシング審査

銀行でキャッシングの審査をすると言うと敷居が高いと思われる人が多いでしょう。銀行は貸金回収を最優先で審査をしており、石橋をたたき壊して渡らないという笑い話があるほど審査は厳しいと言われています。 しかしその反面、取引履歴や取引量の多さで審査が変わると言われているのも銀行の審査の一面です。消費者金融は融資しかしないので、顧客の取引情報を知る手段はありませんが、銀行は預金取引等である程度の取引情報は蓄積されているのです。 銀行の審査は貸金回収が優先ですので、一般的に派遣やアルバイト、又は契約社員の方は、収入の確実性がないという理由でカードローンの契約は不利になってしまいます。しかし、以前から預金取引があり、給与振込をしていれば審査内容は変わります。取引履歴が長ければ更に有利であることは言うまでないでしょう。 このように銀行におけるキャッシング審査の敷居が高いと言われるのは、初回取引の話であり、取引履歴が積み上がっていれば、さほど気にすることはありません。銀行側も本音では取引拡大をしたいことは当然であり、キャッシングのような収益性が高い取引であれば大歓迎なのです。 銀行のカードローンは、基本的に自行口座保有者に限定されますが、最近は口座を持っていなくても契約できる場合があります。しかし、銀行側としては一番警戒すべき顧客であり融資限度額も利率は不利な設定がされます。銀行のカードローンは口座保有が前提だという事は覚えておいた方がいいでしょう。