キャッシングの利用限度額

キャッシングの利用限度額は人によって差があります。収入金額から申込書に記載された内容から推計した家計費を引いた金額により返済可能額を逆算し、そこから融資限度額を決定するのです。ただし、消費者金融や信販会社の場合は貸金業法による融資制限がありますから、年収の3分の1以上の貸付はできませんし、他の金融機関からの借入があればその分だけ融資限度額が減額されます。 カードローンの利用限度額は、カードローン自体の使い勝手を左右するため大きいに越したことはありませんが、もう一つ金利決定も左右します。キャッシングの金利はもともと高いのですが、融資限度額を高く設定できる人であれば信用がありますから金利は下がります。よく、融資限度額が高すぎると、使ってしまって怖いからという理由で限度額を低めにする人がいますが、金利面では不利なのです。 カードローンの利用限度額は、初回取引では低めに設定されることが多いです。特に初めてカードローンの申込をする若い人の場合は、消費者金融なども警戒しますからあまり高い融資限度額を設定してくれません。しかし、利用と返済を繰り返すことで信用が付きますから、1年程度してから増枠申請することで、消費者金融などで設定される本来の融資限度額に上げてもらうことができます。 カードローンの利用限度額は、貸金業法の融資制限であれ、金融機関の融資可能限度額であれ、他の金融機関からの借入やカードローンの融資枠を合計して判断します。使っていないクレジットカードのキャッシング枠はカードローンの利用限度額を減らしてしまう要因になりますから注意が必要です。