消費者金融のカードローン・キャッシング審査

消費者金融と一言で言っても、大宣伝をしている大手から、街金と言われる中小の消費者金融まで様々な種類があります。小規模な消費者金融のほとんどは対面で契約する貸付をしているため、カードローンの形式を取っていないことが多いのですが、たまに中古のATMを買ってきて店頭でカードローンの形式で貸し付けをしている小規模な消費者金融もあります。 消費者金融のキャッシング審査には、上位にある銀行の審査より甘めにしないと顧客が来ないというジレンマがあります。そして消費者金融の中でも、大手より中小の方が営業力は低いので、より甘めにするしかないという連鎖が起きているのです。 とはいえ、ただ単に審査を甘くしてしまうと貸倒の危険性が高まるため、申込者の返済能力の審査だけは甘くできません。甘くすると言うのは、銀行が審査でしているように定期的な収入が見込めない人に対する融資限度額の減額をしなかったり、初回取引でも自社の融資限度額いっぱいまで限度額を設定するという事です。 消費者金融としても貸倒を防ぐためには、銀行同様の融資基準で審査をしたいのは当然でしょうが、自社より上位の営業力や人気がある金融機関に対抗するためには、審査で甘めにするしかありません。一概には言い切れませんが、中小の消費者金融の顧客は、銀行や大手では審査でかなり不利になってしまう人や、他の消費者金融のキャッシング限度額がいっぱいになってしまった人が多くなりがちです。